スロットはパチスロよりも格段に秀でている

オンラインカジノのスロットゲームとは

オンラインカジノのスロットは、オンラインカジノのゲームの中でも存在感のあるゲームです。
テーブルゲームと比較しても非常にシンプルでやりやすいですし、一人で遊べるのがメリットです。

そしてスロットの場合、ディーラーとのコミュニケーションも必要がないことから非常に遊びやすくなっていて、初心者でもやり始めることが出来ます。
そこで、オンラインカジノのスロットの魅力やその特徴について具体的にみていきましょう。

オンラインカジノのスロットの特徴あれこれ

オンラインカジノのスロットは、オンラインカジノ中でも目玉のゲームの一つとなっています。
豊富なゲーム数を誇っており、数百種類のゲームで遊べます。
特にスロットの場合はどのオンラインカジノでも遊べることが多いです。
スロットはとても簡単・シンプルで、ルールはとても単純ですので誰でも始めやすくなっています。

オンラインカジノのスロットに関しては、パチスロと比較しても演出が穏やかとなっていて、そして当たる金額がとても大きいのが特徴です。
プログレッシブジャックポットの存在で、世界には数億円を当てたプレイヤーが存在しています。
そして、日本人でも数億円を当てたプレイヤーが存在しています。
100万円程度の勝ちは普通に出ることが多く、一攫千金を目指したい場合にはぴったりです。

スロットの遊び方について

オンラインカジノのスロットの遊び方はとても簡単です。
スロットに入金後にクリックをして回すだけです。
基本的には左側から絵柄を揃えていき、揃った絵柄がレアであればあるほど配当が大きくなります。

オンラインカジノのスロットは、パチンコとは違いプレイヤーが任意で賭け金を設定することが出来るのが特徴です。
たとえば、オンラインカジノのスロットは、1ドル以下で回すこともできれば、何十万円という驚異のベット額で回すことも可能となっています。
賭けることが出来るライン数もたくさんありますので、多く賭けることで、それだけチャンスが広がります。

更に、オンラインカジノのスロットにはボーナスフィーチャーがあります。
特定の絵柄が出ることによって、ボーナスステージに突入することになります。
ボーナスステージで遊ぶことが出来たり、フリースピンを回したりすることが出来ます。

オンラインカジノのスロットをパチスロと比較した場合、目押しなどの概念もありませんので、とてもシンプルになっています。

スロットの種類について

オンラインカジノのスロットの種類として、まずはビデオスロットがあります。
これは5リール構成で、最新ゲームが次々に登場するスロットになっています。

ビデオスロットと同程度に知名度のあるものとしてクラシックスロットがあります。
これはレトロなスロットになり、昔懐かしいイメージのスロットになります。
3リール構成になっていて、シンプルな感じで遊ぶことが出来ます。

更に特徴的なスロットとしてプログレッシブジャックポットスロットがあります。
これは非常に多くの金額が当たるスロットの一つで、プレイヤーの賭け金積立方式のスロットになります。
多くの金額が積み立てられていき、そして一人のプレイヤーに当たりますので、運が良ければ数億円という賞金を当てることが出来ます。

また、マルチプレイヤースロットといって、最大6名で遊ぶことが出来るスロットがあります。
こちらは、連帯感を味わえる一風変わったスロットになります。
スロットによってルールや、システムが少々異なり、ボーナスシステムなども異なっています。

スロットのメリットとは

オンラインカジノのスロットは大変シンプルで分かりやすく、誰でも楽しみやすいのが特徴となっています。

オンラインカジノで貰えるボーナスには獲得条件があるのですが、スロットはその条件を達成するのに向いています。
スロットの場合は何度も回すことが出来て、マイペースに楽しめるからです。

また、オンラインカジノのスロットは、24時間いつでもどこでも遊べるというのが大きなメリットです。
たとえばパチスロの場合だと、営業時間が決まっている上に台を探す必要があります。
しかし、オンラインスロットならその必要がなく、いつでも始めることが出来て目押しの概念もありません。
その上オンラインカジノのスロットの場合は、騒音や周囲のことを気にする必要もないのです。

基本的にオンラインカジノは、非常にペイアウト率が高いことで知られています。
ペイアウト率は97%以上に保たれており、これはスロットも同様です。
このため、安定して勝つことが出来る可能性が高いです。

オンラインスロットは、100万円単位の賞金がが当たることは珍しくなく、パチスロよりも賞金額が大きいので、その分一攫千金を目指すことが出来るのもメリットです。