ネットカジノをプレイすることで違法性が問われ逮捕されるケース

世界中で人気があり、日本でも着々とユーザーを増やしているネットカジノですが、間違った遊び方をすることで違法性が問われ、逮捕されるケースがあります。
もちろん自分のパソコンやスマホを使って自宅でネットカジノをプレイするだけでしたら全く問題ありません。
現在の日本では、ネットカジノプレイヤーを取り締まる法律が存在しないため、国内にいながらにして本場カジノゲームでギャンブルを楽しめます。

しかし法律が存在しないということは表立って合法と言い切ることもできないため、言うならばグレーゾーン的な立ち位置にあるのがネットカジノです。
だからこそ、少しのミスや勘違いなどで違法性が問われることがあることを忘れてはいけません。
そこで今回の記事では、ネットカジノをプレイすることで違法性が問われ逮捕されるケースについてまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。

いわゆるインカジ店でプレイ

いわゆるインカジ店でプレイ
日本の法律上、公営ギャンブル以外で現金を賭けた賭博は禁止されているため、店舗型のネットカジノも賭博開帳図利罪が適用されます。
これをいわゆるインカジ店と呼んでおり、日本全国の繁華街を中心として、星の数ほどのインカジ店が営業しています。
インカジ店には複数のパソコンが置かれ、その一つ一つがネットカジノに繋がっており、お金の入出金は全てインカジ店のスタッフとのやり取りとなるため完全違法店です。

ネットカジノに違法性が問われないのは、あくまでも個人で遊ぶ時のみであり、国内の第三者とお金の受け渡しが生じた時点で、違法となります。
パチンコ屋が摘発されないのは、三店方式と呼ばれる法律の隙間を突いた仕組みが確立しているからであり、それが通用しないインカジ店は完全に違法です
インカジ店の運営者はもちろんのこと、そこで遊ぶ客も逮捕となり、「知らなかった」では決して済まされない違法行為なのです。

漫画喫茶やネットカフェでのプレイ

漫画喫茶やネットカフェでのプレイ
漫画喫茶やネットカフェには、個人で使えるパソコンが置いてあり、もちろんネットカジノにもアクセスできるようになっています。
しかし漫画喫茶やネットカフェでネットカジノをプレイするのは避けた方が良いです。
店舗側が賭博できる環境を客に提供したと見なされてしまう危険性があるからです。

ネットカジノにアクセスしたことがバレることはほぼありませんが、違法と見なされる危険性がある以上、店舗側に迷惑をかけてしまう恐れもあるのです。
事実、そのような事態を防止するために、一部の漫画喫茶やネットカフェでは、「ネットカジノのプレイはお断りします」などと注意書きが張り出されている店もあります。

個人間でお金の受け渡しをする

自分のアカウントを友人や知人が使い、その間でお金の受け渡しが行われることで、ネットカジノも違法性に問われます。

例えば100ドルを第三者から受け取り、予め自分のアカウントに入っていたお金を使って100ドル分のネットカジノをプレイさせるような行為です。
自分のお金だから問題無いと考えるのは大きな勘違いであり、第三者からお金を受け取ってネットカジノをプレイさせるのは、上記でご説明したインカジ店と全く同じ行為をしているようなものです。
つまり個人でも賭博開帳図利罪が成立する可能性があるわけです。

またネットカジノでもアカウントを他人に使わせるのは禁止しているため、違法性だけではなく、利用規約にも違反していることになります。
ネットカジノのアカウントは、本人だけが使うもので、友人や知人に使わせてはいけません。

国内に胴元を置くネットカジノのプレイ

国内に胴元を置くネットカジノのプレイ
ネットカジノというのは、ネットカジノ運営が認められた国でのみ拠点を置くことができ、もちろん日本で運営するのは違法行為です。

たとえゲーミングライセンスを持っていて、海外のサーバーを使っていようが、胴元である運営側が日本国内にいたら、その時点でアウトです。
正しい住所が公開されていれば判別はつくのですが、中には海外拠点と偽って表示し、実際には国内に胴元がある、なんてこともあるかもしれません。

事実、過去に起こったドリームカジノ事件では、ゲーミングライセンスを所持し、サーバーも海外で、サイト内には海外の住所が表示されていました。
しかし実際には大阪を拠点にしていることが判明し、ドリームカジノの運営者は逮捕され、プレイヤーも警察から厳重指導を受けています。
あまりメジャーでは無いネットカジノで遊ぶ時には十分な注意が必要です。

まとめ

今回の記事では、ネットカジノをプレイすることで違法性が問われ逮捕されるケースについて詳しくご紹介させていただきました。
ネットカジノを国内でプレイすることに違法性はありませんが、インカジ店で遊んだり、友人や知人との間で金銭のやり取りをすることで違法となってしまいます。
そして漫画喫茶やインターネットカフェなどでネットカジノをプレイすることで、店舗側に迷惑をかけてしまう恐れがありますので、自分所有のパソコンやスマホを使って遊ぶようにしましょう。
また国内に胴元を置いているネットカジノは完全違法ですので、トラブルに巻き込まれないためにも、世界的に名の知られている大手ネットカジノの利用をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です